排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

池袋飲食店グリストラップつまり解消事例

グリストラップの排水管つまり

グリストラップのつまり

グリストラップから先の排水管がつまってしまい、水が流れずグリストラップ内で水嵩が増すというトラブルなのですが、グリストラップの排水の流出口もそれほど深くはないし訳なくぬけるだろうと意気揚々とトーラー(電動で回転させながらワイヤーをいれていく)を開始

ワイヤー詰まり抜き

電動トーラー作業

開始・・・・・開始すること30分から45分。20mのワイヤーが全部入っても抜けない。ここは地下店舗。地下店舗というのは排水を一度層に受けて、ポンプでくみ上げる仕組みなのですが、層(ピット)には問題がない。

そしてワイヤーを引き抜く際の重さを考えれば(滅茶苦茶重力により重さがある)ピットまでは届いているはず・・・でも抜けない。

 

なんでだぁーーーー!!

と再度ワイヤーを入れるがまた20m入ってもやはり抜けない。

 

これね。魚介や鳥系の油がメインだと固形化というより流動性がある油(マヨネーズみたい)になっていることが多いのです。つまりワイヤーがすり抜けてしまう。高圧洗浄をすればいいのですが、グリストラップはつまってますよね。つまりこの状態で高圧洗浄をしても抜けなかったら厨房内で水が溢れる。

打つ手がない。

まぁ打つ手がない現場は多いのですが、解決しないわけにはいかないので

ローポンプ作業

まさかの主導によるアナログ対策。マンパワー的な。只管水圧(水がたまってるから押して圧をかける)そんな簡単に抜けるわけなく、先が見えない状況の中

時間とかご予算とかいろいろな事がクリアーできれば、層側からアプローチできるのですがそもそもビル管理会社と連絡がつかず層側からアプローチができない。

 

精神論の世界ですよね。「お前はいったいいつまでそれをやるんだ?どうせ抜けないよ。帰りなよ。十分やったよ。」と天使みたいな悪魔が脳内で囁いてくれるのですが、悪魔みたいな天使がそれを拒絶するんですよね。「何も解決してないじゃない。このまま帰れば自己満足でしょ」

 

さらに1時間作業をつづけることで

やっと流れてくれた

可能性としてはごぶごぶだし、プロとして確実に解決する手法としては正しいとはいえないですね。ただ明日の営業に支障をきたすとか、今日洗い物ができないとか現場ってそうじゃないのでニーズにこたえて対応しております。

 

とりあえず抜けたから言える事なんですけどね。ピット(層)が絡むと厄介な現場は多いです。

 

ご依頼ありがとうございました。

グリストラップのつまりや

排水トラブル解消ならMJサポートへ

東京、神奈川、埼玉、千葉、迅速訪問

フリーダイヤル(0120-788-869)/03-5849-5360

haisuikantsumari.com