排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

ビルの下水つまり調査及び解消

 

株式会社MJサポートのホームページはこちらです。

 

管理会社様から電話を頂き、1Fの歯医者さんの汚水管が詰まって、業者さんが一度入り数時間作業をしたが解消しないということでお電話をいただきました。

 

なんでも半地下の建物らしく、下にピットがあるがポンプが無いのでわけがわからないとのことでした。

f:id:mj-support:20191021203311j:plain

f:id:mj-support:20191021203322j:plain

当然侵入を試みるわけですが、思った以上に深いなこれ。しかもこれ・・よくみると半地下だからポンプでくみ上げていると思いましたが、ルートを全部辿ると普通に地上排水していました。しかも壁の向こう側

 

歯医者さんの敷地を超えて、隣がコインランドリーなのですが、施設管理者の許可を得て確認

f:id:mj-support:20191021203557j:plain

このマス怪しすぎる。とりあえず上手から詰まりを抜いてカメラをいれてこのマスにきているか確認することにしました。

 

詰まりを抜いてって簡単に書いちゃいましたけども、ローポンプで何回か空気圧をかけることで簡単につまりは抜けました。飲食店とは違い、また管も普通の塩ビ管で空気の逃げ道がないようにすれば汚物を押せば流れます。

 

多分最初にこられた業者さんはワイヤーを入れて何時間も作業したとのことですが、これは方法を間違えています。汚物がすごい時はワイヤーを入れてもその汚物をすりぬけてしまい抜けない事が多々あります。適切な処置としては高圧洗浄か、圧力をかける作業

f:id:mj-support:20191021203913j:plain

歯医者さんから入れたカメラのケーブルが、コインランドリーさんの下に出てきて無事ルートも特定できました。

 

難航する現場もあれば業者さんの機材や経験などにより勝手に難航しているだけの場合もあり、今回でいうと経験不足かな?自分にもそういう時期はありましたから偉そうなことはいえないのですが、詰まりが解消するには解消する理由があり、その逆もまたしかりです。

 

難航する現場は手間を惜しまずちゃんと確認していくことが意外と近道だったりします。

グリストラップのつまりや

排水トラブル解消ならMJサポートへ

東京、神奈川、埼玉、千葉、迅速訪問

フリーダイヤル(0120-788-869)/03-5849-5360

haisuikantsumari.com