排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

夜間(深夜帯)の排水詰まり除去事例。

夜0時を回ったくらいの時間ですね。レストランのオーナー様より排水が流れないというトラブルとのことで、現場にお伺いしました。

 

f:id:mj-support:20190719201722j:plain

現場に到着したら、お店には油を下水に流さないためのグリストラップ先の詰まりかと思ったのですがグリストラップに水位はなく別ルート?の排水つまりでした。

店内厨房に溢れていましたがぎりぎり機材を置ける状態でしたのでそのまま作業

 

しかし抜けない。

ワイヤーが15mくらい先で何かにあたり進まないのですよね。これが詰まりなのかどうなのかは手ごたえだけでは正直わからず・・・

 

ならばとワイヤーを回しながら、ワイヤーの回る音のする排水管を探し

f:id:mj-support:20190719201941j:plain

下流側からのアプローチ。構造自体は悪くないのですぐわかりました。基本的に詰まりが発生した場合、ただ詰まってる側からワイヤーをいれてただ抜くのではなく、ルートを調べたりします。じゃないと50%くらい意味がないんじゃないかな?と思っています。お店の方に排水ルートを教えてあげたら喜ばれますし、何より次何かあってもお店で対応できることもふえますからね。

 

意外とこの排水ルートを図面のない中から手探りでさがしていくのも骨が折れるんですけどね(笑)

f:id:mj-support:20190719202141j:plain

どちらにしても無事つまりは抜けて。問題は解消しました。この後管内カメラもいれさせてもらいましたが、外側の写真の排水管の手前で汚水管と雑排管が合流して丁度曲がりになっておりそこが溜まりやすい(つまりやすい)場所でした。

 

毎度のことですが、詰まりが抜けるとほっとします。こればかりはどれほどの詰まりの現場を対応しても常にほっとします(笑)私なら絶対抜ける!!みたいな自信はいつまでたっても生まれてこないのは、常に新しい現場だからかもしれません。

 

夜間の排水トラブル、排水つまりの解消ならMJサポートへ

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城迅速訪問

フリーダイヤル(0120-788-869)/03-5849-5360

自社サイトは下記リンクから飛べます。 

排水管つまり、ビルの下水つまり、グリストラップあふれなど、緊急を要し専門性のある詰まりの解消ならMJサポートにお任せ下さい。