排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

尿石による排水管トラブル調査

管理会社さんからの依頼で、数日前に別の業者さんを手配し、一時的につまりは抜いたけど様子がおかしいので、見に行ってきてほしいと依頼を頂き現場へ

小便器つまり

小便器つまり

完全に詰まっているわけではないのですが、水の引きが非常に遅い。大便器の方を流すとぼこぼこぼこぼこ音がする。

 

ちなみに今更ですが、現場は千葉の花見川区にあるお寿司屋さんです。

管内カメラを使用して管内の様子を撮影

管内カメラを使用して管内の様子を撮影

とりあえず、今回は直ぐ直せれば直す、無理なら調査という名目で現場入りしているので、カメラで管内の様子を確認。

 実際の管内映像です。小便器の排水管とメインの横引管が合流している個所は岩清水のようになっています。

 

こうなると、高圧洗浄での除去は不可能です。もしかしたら、10時間くらい永遠と高圧洗浄をしつづければいつかは溶けるかもしれませんが、そんな可能性にかけてもしかたないので、この規模になると工事が必要です。排水管の引き直し工事ですね。

ワイヤーは詰まりを抜くためだけではない

ワイヤーは詰まりを抜くためだけではない

さらに電動トーラーで管内にワイヤーを入れていく。本現場は詰まっているわけではないので、ワイヤーが必要なの?と問われると、これは排水ルートを特定させるためですね。どこでワイヤーが回っている音がするのか・・実にアナログな方法なのですけどね。

排水ルートの特定

排水ルートの特定

音と物理的な距離を割り出し排水ルートを確定。排水管は何かの釜の下を走っているので縦管に尿石を落としてそこが詰まると、ゲームオーバーというか、にっちもさっちもいかなくなりますが、

 

幸い上の写真の赤丸部分が露出してしまったので、天井を一枚だけ開けて、排水管を切断して、特殊な先端工具で尿石を落とせば動画の尿石は崩せます。要は動画の尿石を破壊して先に進ませると、この柱の縦管の落下部分でつまるのです。

尿石を崩す秘密兵器

尿石を崩す秘密兵器

で、特殊先端工具とは、ワイヤーのヘッドが特殊なものですね。これが強度のあるワイヤーの先端につき、バタバタ暴れるので管内についた尿石を叩き落とします。ただし、尿石は割れても石なので、もたつき、縦管下部で再集結してえらいことになります。なので、排水管を上空で切って直接落下させてしまおうという作戦ですね。

 

ということで、今回はここまでで終了です。後日作業をするのかどうかは、店舗様の判断ですが、工事をするよりははるかにコスト的には割安かと思います。ただ経験上言えることは、尿石は本当苦労する(笑)
 

排水管の尿石つまりの解消ならMJサポートへ

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城迅速訪問

フリーダイヤル(0120-788-869)/03-5849-5360

自社サイトは下記リンクから飛べます。 

排水管つまり、ビルの下水つまり、グリストラップあふれなど、緊急を要し専門性のある詰まりの解消ならMJサポートにお任せ下さい。