排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

階下漏水(排水管漏水)修繕作業の仕上げ

先日作業を行ったビルの漏水箇所修繕工事で、大工仕事も無事終了したので、その事例なのですが

もともとはこちら(関連記事1)

www.mj-blog.com

さらに階下漏水するのは排水管が詰まっていたからで

その詰まりを解消する流れの記事はこちら(関連記事2)

www.mj-blog.com

 

 

f:id:mj-support:20181210030057j:plain

f:id:mj-support:20181210031301p:plain

f:id:mj-support:20181210033422j:plain

階下漏水の原因

階下漏水の原因は鉛管にただ塩ビ管を差し込んでいるだけというずさんな内装工事です。排水管を結ぶときにはきちんと費用かかっても処理をしないと、単にその時問題からという安易な発想で繋げちゃうと、ひとたび詰まりが発生すると偉いことになるのですよね。

 

まぁそんなことは前回ぐだぐだと書いたので(笑)この事例は床の補修ですね。

f:id:mj-support:20181224114237j:plain

床の補修

調査するためとはいえ、散々床に穴をあけましたからね。その補修をしなければならない。さらに内装業者さんの行ったシャワーブースの排水管の結びがなんと蛇腹ホースでされており、さすがにその補修となるとシャワーブースも一回全部どかさないといけないので、さすがにそこまでのコストはかけられず、点検口を設けることにしました。苦肉の策ですよね。

f:id:mj-support:20181224114628j:plain

ガラを吸う

もともと床を仕上げるときに、ガラも吸っていない状態だったので、漏水箇所を特定するのにカメラを入れたのですが、そのガラが邪魔して特定するのに時間がかかりました。

f:id:mj-support:20181224114741j:plain

f:id:mj-support:20181224114811j:plain

信頼できる仲間がいるから、思い切り床を壊せたのはありますね。

 

排水管の漏水調査や排水不良の調査ならMJサポートへ

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城迅速訪問

フリーダイヤル(0120-788-869)/03-5849-5360

自社サイトは下記リンクから飛べます。 

排水管つまり、ビルの下水つまり、グリストラップあふれなど、緊急を要し専門性のある詰まりの解消ならMJサポートにお任せ下さい。