排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

お店の排水つまり解消/千葉県市原市

夜中03時過ぎてたと思うのですよ。管理会社さんから突如連絡が入り、千葉県市原市にあるお店さんで、厨房の排水が流れないと。

 

夜中だし、外環自動車道は千葉側は開通したし、たいして時間はかからないないだろうと思ったら、目的地までの距離75㎞。こういう時は月と地球の距離を思い出す。それは384,400㎞。それに比べたら大したことないさ。そう思い、こっちが仕事が暇なときには回してくれないのに、困った時だけ便利使いされてるだけじゃねこれ?と思う気持ちを打ち消しつつ現場入り。(もちろん拒否権はあります)

グリストラップつまり

グリストラップつまり

酷い場合はこの箱の中からあふれだしていて、作業が面倒くさくなるケースもあるのですが、お店のスタッフの方が一定以上溜まると必死に水をバケツですくい捨てにいってました。頭が下がります。

ものの2mくらいワイヤーをいれたら抜けたというか、すごく硬くて、機械の本体の中でワイヤーが負けてがんじがらめになりました。詰まりが抜けるまでは10分もかからなかったけど、機械の中で絡まったワイヤーを直すのには事務所もどって2時間かかりました。

排水ルートを確認

排水ルートを確認

ワイヤーを入れて詰まりを抜いているだけで、現場までの到着は1時間30分くらいかかりましたが、作業時間自体は10分くらいだったので、ビルの周りの排水ルートを確認。問題なく流れてそうですね。

 

管理会社さんの依頼で、困るのが「再コール」という仕組み。翌日詰まったら無償でもう一回行くのが普通だよねぇ?みたいな風潮があったのですが、完全拒否。だって詰まりを抜くことと、排水ルートに問題がないかを調査することとは、全然別の次元の話ですからね。

 

何かあれば、高圧洗浄ですねとか、勾配が悪いと思いますとか、勝手なことを言う業者さんが後をたたないのですよね。暗渠なことをいいことに。勾配が悪いかどうか、高圧洗浄が効果的かどうかは管内カメラを入れないとわからないし、排水管は中と外から位置を確認していかないとルートが割れない。だから本当調査となると、どこの調査会社でも数十万円ですよ。そこまでやって完璧に問題ありませんと言えるのであって。でも翌日詰まりました・・・ちょっと見に来てもらっていいですか?なら別にこの費用は無償でもいいと思うのですよね。

 

とはいえ

これ以上侵入できなかったのですが、調べられる範囲で排水ルートは常に調べています。なるべく再発しないにこしたことはないし、お店の方も排水ルートを把握しておければ、業者さんが来た時に話が早いですからね。早く解決すればその分お店さんも機会損失しないで済みますしね。

 

解らないことは解らないと伝えるけども、ある種の可能性はきちんと伝え、その可能性も勾配が悪いかもしれませんという曖昧なものではなく、1~2mの間で詰まりがあり、それが砕けて詰まりが抜け、7mでビルの共用管に到達している可能性が高く、そこから先は一般的に排水管は太くなっているので、詰まりの再発の可能性は本件に関しては低いです。と伝えました。そのうえで、それでも直ぐ詰まるなら覚悟決めて本気で調査させてください。

 

排水管のトラブルは基本目に見えない管の中のことなので、少しでも胡散臭いな?違うんじゃないかな?なんともこの業者ストンと胸に落ちないなと思ったら、コストがかかっても納得いくまで出張費は取られても何社さんか呼んだ方がいいと思います。

 

お店の排水つまり解消ならMJサポートへ

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城迅速訪問

フリーダイヤル(0120-788-869)/03-5849-5360

自社サイトは下記リンクから飛べます。 

排水管つまり、ビルの下水つまり、汚水層のあふれなど、緊急を要する専門性のある詰まり解消ならMJサポートにお任せ下さい。