排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

ビル本管の尿石除去事例

千葉県の柏市で新たにオープンしたバーなのですが、男子トイレの方の排水が流れず、居ぬき物件ゆえに排水ルートもよくわからないとのことで、お伺いしました。

f:id:mj-support:20181126051253j:plain

電動トーラーと言われるワイヤーを送り出す道具でぐりぐりかき回すのですが、水位が引いても何度か流すとまた水位上昇があり、このまま帰ってもクレームになると思い、真剣勝負を提案(笑)

 

すんなり抜ける方がありがたいのですけどね。

一度抜けた後に水を流すと今度はなかなか解消せず、3Fのお店さんだったのですが、上の写真から20m近くワイヤーを入れても抜けないので・・・もしかして縦管?と思い

f:id:mj-support:20181126051628j:plain

ビルの下の方から目星をつけてカメラを入れてみました。これトーラーも使用していますが、トーラーからワイヤーを繰り出し詰まりを抜く目的ではなく、管内カメラのケーブルのガイドをさせる目的で利用しています。

 

というのも、3mくらい先で1Fの店舗の排水のほうにいってしまっているのです。それを回避するため、ワイヤーでルートをしぼれるようにしました。けども、縦管手前もさらに分岐になっており、そこはどうすることもできませんでした。

f:id:mj-support:20181126051956j:plain

ならばと、3Fからの画像なのですが、最初汚くて何も見えなかったのですが、ある程度作業をして見れるようにすると、尿石がびっしりで、その隙間ができた時に水が少し流れるという状態でした。

f:id:mj-support:20181126052346j:plain

完全閉塞でしたけども先端が特殊な工具を用いて、ぐりぐりするというよりは、パーンパーンパーンパーンと尿石を叩き割るイメージですね。ただこれ、本来はビルの排水管引き換え工事だと思います。それをなんとか詰まり抜きでというのはちょっと無理があるんじゃないかな?工事の費用はともかく、お店がオープンしたてで数日で休業するわけにもいかず、なんとかお願いしますといわれると、やるしかないですよね。

 

ただ当然、これだけの尿石を縦管まで落とせば、縦管が詰まるので、ビルのオーナーさんに連絡してもらい、縦管を一部切除する旨の了承を頂き作業を行いました。

f:id:mj-support:20181126052800j:plain

3Fからとはいえ、ワイヤーも25m入っているので、ルートはほぼ特定済みで、どこを切るべきかは事前に把握して作業をしたところ、案の定縦管が降りてきたあたりでがん詰まりを発生させました。

f:id:mj-support:20181126053002j:plain

切断したら、当然修復しないといけないし、下手に修復するとそこが詰まりを発生させやすい原因にもなるので、ここはできるだけ丁寧に作業しました。

f:id:mj-support:20181126053114j:plain

テープの色が若干あってないですが、人目のつく個所ではなく、また突貫作業なのでオーナー様に了承いただき作業終了です。

f:id:mj-support:20181126053235j:plain

これは出てきた尿石ですね。45リットルの袋2杯分くらいですかね。柏市の専用のごみ袋のデザインに趣を感じながらも、尿石はやっぱりすごいなぁ。「石」ってつくだけのことはありますね。

 

結果的には排水管を工事せずに解消させたので、だいぶコスト的にも喜んでいただけましたが、まぁ排水ルートを特定する調査みたいなことを先に図らずもできたので、最初からこの作業をしてくれといわれると、無駄に調査だけして結局は工事しないとダメだってこともあると思います。でもこの作業ができるなら、排水管工事をするよりはだいぶコスト的には安く収まりますよね。

 

まぁでも普通工事かな(笑)

 

柏市内の下水つまりの解消ならMJサポートへ

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城迅速訪問

フリーダイヤル(0120-788-869)/03-5849-5360

自社サイトは下記リンクから飛べます。 

排水管つまり、ビルの下水つまり、汚水層のあふれなど、緊急を要する専門性のある詰まり解消ならMJサポートにお任せ下さい。