排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

汚水マスの完全閉塞

ホームページを見てくれて、事例見ましたよ。と言われると嬉しいというか恥ずかしくなるというか、襟を正さないといけないというか。そういうこそばゆい気持ちになりますね。

f:id:mj-support:20181125014756j:plain

そもそもビルを管理している会社さんから、1Fは店舗なのですが、そのお店のトイレが流れが悪く、業者さんを手配したけどワイヤーが届かないということで、ホームページを見てうちらならやれそうだということで、ご依頼をいただけたのですが。

 

ローポンプという強めの空気圧を押せる道具でパカパカするとすぐ詰まりは抜けるけど、レバーを引くとまた直ぐ水位が上がる。しかもレバーを引いた瞬間的に水位が上がるので便器内に何かあるのじゃないかな?と

f:id:mj-support:20181125015056j:plain

スコープ入れてみたけど別に便器内に異物はないのですよね。いよいよやばいやつです。管内にたまった空気圧が邪魔して水が流れないのですよね。通気的なものがつぶれている可能性が高い。空気が逃げないから水が進まない。でも押せばどこからか抜けていく。要するに「ヤバイヤツ」

f:id:mj-support:20181125015317j:plain

ビルをぐるりと回り、マスを発見したので開けてみると

f:id:mj-support:20181125015353j:plain

あっこれ・・ヤバイを超えているな。深さもだいぶあるしな。バキュームするかどうするか。とりあえず棒などでつつくと・・どうも粘土にささるような感覚で入っていくのでとりあえず、水位をどかし採掘するような感じで油を除去し、最終的に高圧ガンで崩すと

f:id:mj-support:20181125015742j:plain

トラップマスになっていたのですよね。これちょっと切った方がいいような気がしますが、この吐出している排水管とエルボは完全に油粘土の下でした。で、この近くにもう一つマスがあるのですが、マスの隙間から岩清水のように水が少しずつ抜けて別のマスに移動している状態でした。空気も通らない状態だったわけですね。

f:id:mj-support:20181125020020j:plain

うちらの前に来られた業者さんは多分、マスを確認しなかったのかな?ワイヤーが届く届かないじゃないですよね。まぁ開けたところでこれ、うちらもつついてみて粘土質みたいな印象をうけなければマス内の想像ができませんでしたけどね。

 

作業時間は思いのほか早かったのですが、便器に入れたスコープとは別に管内カメラも使用したし、高圧洗浄もしたし、ワイヤーも入れたという殆ど道具をオール使用した状態でした。

 

誰も把握しなくなった排水ルートは一度問題を起こすと本当大変です。

台東区内の下水管つまりの解消ならMJサポートへ

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城迅速訪問

フリーダイヤル(0120-788-869)/03-5849-5360

自社サイトは下記リンクから飛べます。 

排水管つまり、ビルの下水つまり、汚水層のあふれなど、緊急を要する専門性のある詰まり解消ならMJサポートにお任せ下さい。