排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

グリストラップのつまり抜き方(事例含む)

グリストラップのつまりでお困りのお店様に対しては、MJサポートという会社があるじゃないですか。あるじゃないですかっていうかそれはうちの会社なのですが(笑)

f:id:mj-support:20180917021907j:plain

グリストラップのつまりを抜く専用ワイヤー(多重ワイヤー)の画像

例えば他社さんが来て10m以上ワイヤーを入れたけどグリストラップのつまりは解消しなかった・・・おたくは10m以上のワイヤーある?とか聞かれますが「もちろんあります。」

 

ちなみに、こういうケースの場合、20mも実際入れておらず、7,8mで詰まりが解消することがほとんどです。

f:id:mj-support:20180917022307g:plain

グリストラップ先の排水管でただワイヤーが負けているだけ

f:id:mj-support:20180917022441g:plain

市販で売られているワイヤーで解決することもあるのですが、強固な油の場合は、大概折れ曲がります。市販では売られていない多重ワイヤーを電動で回す専用機材を用いるので解決率は飛躍的に上がるうえ、解決するまでの時間コストは大幅に低下します。

f:id:mj-support:20180917022619j:plain

これは渋谷にある大手居酒屋さんのグリストラップのつまりです。グリストラップの清掃自体お店さんで毎日綺麗にしているそうなので、詰まっている画像としては解り難いほど、グリストラップは綺麗なのですが

f:id:mj-support:20180917022725j:plain

多重ワイヤーを用いてグリストラップの詰まりを抜いている画像です。トーラーの大きさは中型です。トーラーとは専用のワイヤーを回す機材のことです。別の言い方だと、ドレンクリーナーなどと言う場合もあります。

f:id:mj-support:20180917022832j:plain

あっさり貫通しました。

 

詰まりを抜くのは機材と経験です。機材が良くないと、経験値が上がりません。自分の機材を信用できないと、排水管のワイヤーのあたりが、油なのか、単に折れ曲がっているのか判別がつかないのです。

 

これとは別によく、排水管が詰まった=高圧洗浄はいくらですか?と尋ねられることもあるのですが、高圧洗浄は詰まっていないときに排水管を洗う目的のものです。ただこれが詰まりに用いられるのは、下水側からグリストラップに向けてアプローチできる場合のみです。したがって、地下店舗や2F以上の上空店舗ではこの手法は対応できません。

 

詰まっている側から高圧洗浄をすれば、グリストラップのつまりが解消できない場合、余計に水が溜まってしまうだけです。

 

あと、もしお店側で出来ることがあるとするならば

f:id:mj-support:20180917023236j:plain

上記写真のように、グリストラップの頭(トラップ部分)を上にあげて、そこにラバーカップなどで圧をかけてみると、一時的に水が引くことがあります。(あくまで応急ですが)
上の写真の機材はローポンプと呼ばれる、詰まり抜き屋さんの7つ道具のひとつですが、多分これはお店にはないと思うので

f:id:mj-support:20180917023536g:plain

バカな・・と思われるかもしれませんが、意外とこれで一時しのぎはできることは結構あります。大切なのは空気が漏れる隙間をなるべく少なくし、押したり引いたりして圧をかける。おそらく詰まっているときは排水管内は水が溜まっているので圧力がかかりやすく、もし圧が逃げそうな個所が分かっていれば、そこをふさいで作業を行うと効果的です。

排水つまりはお気軽にご相談下さい

URL http://haisuikantsumari.com

株式会社MJサポート

対応エリア/東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城西南部(応相談)

TEL:0120‐788‐869