排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

排水管の定期清掃をしているお店さんは、年1回でもいいから管内を確認させてもらわないとダメですよ。

マーフィーの法則的なものって確かにあるなって思うことがあって(何をいきなり(笑))例えばめったに入らない八王子市内からの依頼が3日連続で入ってきて、そういえば昨日も八王子来たなぁ~とか

 

まぁ今回はそういう地域性ではなく、排水管をきちんと定期清掃をしているお店さんで、蓋を開けてみると全く清掃しておらず、詰まりが発生した案件が3日連続で入ったのですが・・・・

f:id:mj-support:20180901213016j:plain

神田鍛冶町にある居酒屋さんなのですが、グリストラップがすでに水位上昇を起こし、排水口が見えない状態でした。

f:id:mj-support:20180901213220j:plain

詰まっているので、当然ワイヤーを入れて貫通を目指すのですが、20mワイヤーを入れてもついに貫通せず。地下店舗さんで、自然排水はされないので地下ピットに排水を流し込み、ポンプで汲み上げて地上排水をしているのですが、ピットまでの距離はおおよそ30m

 

20m以上のワイヤーを入れるのは非常にリスキーなので(油の重みで抜けなくなるなど)

f:id:mj-support:20180901213407j:plain

ならば圧力で抜いてしまおうと、まさかの軽道具のローポンプで(コツはいるのですけどね)空気が漏れて圧力が逃げないようにして詰まり抜きを試みると。無事水位が引いた。

f:id:mj-support:20180901213535j:plain

ただローポンプで排水管の中の油を流動させ油の隙間ができ、そこを水が流れているだけなので、いつまた詰まるか分からない可能性が高いので、管内カメラ調査を行いました。

 

また、カメラを入れた理由がもう一つあって、高圧洗浄をきちんとするべきかどうか、もし汚れがないのであれば、30m以上ある出口の解らない高圧洗浄作業を、上手(グリストラップ側)から行うことのリスクは計り知れないですからね。作業中にも詰まるし、30m以上先で詰まらせた場合はピットの方から対応しないといけない、それにこれだけの油を取るには作業は6時間以上かかる。

 

そもそも1か月に1回、定期で排水管清掃してたんじゃないの?と・・実際は動画を見ていただければわかるかと思います。

定期清掃業者さんに連絡して、その業者さんに対応してもらうにせよ、30m以上ある排水管でこれだけの油の量を洗うとなると結構高額な費用が発生すると思うのです。つまりは解消させましたが、何ともスッキリしない現場でした。

 

排水つまりはお気軽にご相談下さい

URL http://haisuikantsumari.com

株式会社MJサポート

対応エリア/東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城西南部(応相談)

TEL:0120‐788‐869