排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

相模原市戸建ての下水つまり(深夜作業)

相模原市にお住いのお客様より、4か月前に引っ越してきたばかりなのに、下水がつまってしまったとお電話を頂き、深夜ですが急遽お伺いさせていただきました。

f:id:mj-support:20180813043307j:plain

夜中なので、音の出る高圧洗浄はできないのですが、戸建ての下水つまりなら、大概の場合は道具はそれほど大掛かりなものではなく解決するとタカをくくっていたのですが

f:id:mj-support:20180813043438j:plain

実際は解決は全然わけなくしたのですが、作業に集中しすぎて写真を撮る余裕がなかったので、事例として写真が少ないのでご容赦下さい(イラストで補います)先に図面を書いてしまうと、一枚目の写真は上記の図のA部分です。写真では解り難いのですが、そこにはマス(マスというより点検口)があり、そこの蓋が詰まりの圧で外れて、そこから汚物があふれている状態でした。

f:id:mj-support:20180813043806j:plain

ちょっと解り難いですけど、配管図のマスBからワイヤーを入れてマスAに先端が出てきた状態です。いちおうこれで貫通はしているのですが、違和感があるというか、汚物がたまっている距離が長いので、ワイヤーが貫通してもワイヤー分の穴が開いているだけで、あいた穴にまた汚物がどろっと被さるのでなかなか完全には詰まりが抜けない状態です。

 

高圧洗浄すれば早いのですが、住宅街、しかも深夜なのでクレームが来てもお客様も大変なので。ふつうの水道ホースをマスAまでひっぱてきてそこから水を流しながらマスBからワイヤーを回し続けてすべて異物は取り除きました。

 

ただその際、違和感があったのでカメラ調査させていただいたのですが、分かったことがあって、図面でいう、マスA近くの排水管が異物がないのにカメラが水没する(つまり勾配不良・・・というか逆勾配)でした。

f:id:mj-support:20180813044804j:plain

(絵が下手過ぎて申し訳ないですけども)勾配がついていないため、水の勢いが緩和されてしまい、トイレットペーパーを一度に下水に運べず、汚物が堆積していく。さらにお客様は高級な2枚重ねのトイレットペーパーを使用していたため(溶けにくい)堆積が早く、4か月で下水つまりが発生してしまったのでした。

 

勾配不良は排水管工事をしなければどうにもならないけども、今の状態で使用をつづければ、3か月に1回くらいの頻度で下水がつまるので、その対策をご案内しました。

 

①まず溶けやすいトイレットペーパーを仕様すること(2枚重ねはNG)

②定期的にマスAまで水道ホースをひっぱってきて水を流す。

どちらも問題ない下水の構造ならしなくて良い労力にはなりますけどね。

 

でも排水ルートさえ把握できれば、お客様の方でも今後は一時対応はできますからね。一見すると汚水が溢れて大ごとのように思われますが、戸建てなどの下水詰まりの場合はほとんどその1次対応で解決します。(ホームセンターで売っている数千円の道具で解決できるケースが多いです)今回は答えが明確にできてよかったです。

排水つまりはお気軽にご相談下さい

URL http://haisuikantsumari.com

株式会社MJサポート

対応エリア/東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城西南部(応相談)

TEL:0120‐788‐869