排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

雨水管に繋いじゃってるじゃん?

事の発端は10か月前、とあるコンビニエンスストアのシンクの排水不良で管理会社様より依頼を受けたことにはじまります。その時は排水ルートが意味不明過ぎて詰まりは解消できず、結果的にシンクの排水管を別の詰まっていない排水管に接続してとりあえずお店が営業できる状態にして終了しました。

f:id:mj-support:20180811073056j:plain

10か月前の作業時に愕然としたことがあり、排水ルートを調べるためいろいろな排水口から牛乳を流したのですが、雨水マスに牛乳が流れ出てきて発狂したのを思い出します(笑)さらにお店の方曰く、その時、うちらの前に別の業者さんが来られたらしく、その時は水が引いたとともに「バギバキバキィ」と物凄い音がしたとのことでした。どちらにしてもこの時はシンクが使用できるようにして作業を終了しました。

 

それから10カ月後の本日、新たに排水ルートの調査

f:id:mj-support:20180811073605j:plain

シンクの排水も10か月前に別のルートにつなげたが、それも歳月の経過とともにつまり始め、もともと、コンビニにあるショーケースの排水が1か所自然排水されていないこともあり、抜本的に直そうということで、うちらは直してくれとお願いされましたが、排水ルートが意味不明過ぎるため「まずは採掘調査からです」と作業を開始。10か月前のこととはいえ、ワイヤーを機械で回していた時、ワイヤーの回る音がバックヤードの地面下でしていたので、まずはそこを採掘してみることに。

f:id:mj-support:20180811074014j:plain

掘り始めて5分。いきなりビンゴだった!!正確には排水管がすぐ出てきたので、それを追いながら30センチくらい掘りすすめたら、亀裂の入ったコンクリート部分がじわじわ水がしみだしてくる。その水を吸引すると、排水管が変形して割れていました。

 

だけど問題はここから先で、排水管が割れているのは、10か月前にもともと詰まっていたけど、最初に来られた業者さんが強力なワイヤーを使用してバキーンといわしめただけで、詰まっていることには変わりない。排水管破損部分が見つかったとて、解消しているわけではないが、ここから更に図面のない中、調査が始まる。今調査がはじまる!(すみませんこれは言いたかっただけです。調子に乗りました)

f:id:mj-support:20180811074941j:plain

結果的に言うと、このお店さんは、もともと別のコンビニだったお店を今のコンビニにし、その際に店内のレイアウトがほぼ真逆になったため、無理矢理な排水ルートを設定し、既設の排水管を殆ど利用したため、とんでもないことになっていました。勾配不良どころか完全なる逆勾配もありました。

f:id:mj-support:20180811075526j:plain

マスがあるのはビルの表側で、当然バックヤードから店内の下を走り、マスにつながっていると判断していたので、店内側にワイヤーを最初入れていました。それはこの排水管の勾配が店側に低く、ビル裏側に高いので疑いもしませんでした。ところがワイヤーを入れ続けて30分、ワイヤーをいろいろ取り換えても8m前後でワイヤーが行き止まるのです。

 

ま・・・さ・・・か・・・と

そもそも雨水管に雑排水を接続しているような工事をするような人なので逆側にワイヤーを入れて、さらに30分くらい作業をすると15mくらいでつまりが抜けました。(水が引きました)

f:id:mj-support:20180811082106j:plain

排水ルートを図面にすると、これがすべての排水管ではないですが、上図のような排水ルートになっていました。仕切りの緑の線は建物の境界線で右下の緑枠はバックヤードです。

f:id:mj-support:20180811082216j:plain

管内カメラを使用したり、ワイヤー、高圧洗浄、あるいは牛乳を流したり、ひとつひとつ調査していき、最終的には解決しましたが、道のりは10時間。図面もない、暗渠の中で雨水マスに雑排管がつながれている無茶ぶりなので、すごく時間かかりました。炎天下のもと、何度もポカリスウェットを飲み作業を続けました。

さらに冒頭で書いた、一か所流れないドリンク系のショーケース(図面D)の排水は最後まで流れずでしたが

f:id:mj-support:20180811082452j:plain

これは単にトラップ内で詰まっているだけでした(単独つまり)。ただこの単独詰まりが一か所あるだけで自分たちが思い描いた排水ルートに疑心暗鬼が生じるといった(笑)二転、三転の負のスパイラルが発生しました(笑)

f:id:mj-support:20180811082834j:plain

f:id:mj-support:20180811082731j:plain

最後は掘り起こしたコンクリを埋め戻して作業終了です。

 

そもそも何故雨水マスに雑排管をつないでいたかというと

f:id:mj-support:20180811083049j:plain

今は埋めてしまって潰していましたが、もともと浄化槽がきちんと整備されていて、すべてここに落とし込んでいたのだなと・・だからといって雨水マスに雑排管をつないだままでいいのかということにはなりませんけどね。

f:id:mj-support:20180811085707j:plain

最後は排水管を高圧洗浄して、10か月以上詰まっていた排水管なので、高圧洗浄をしましたが、詰まりを抜いた採掘箇所から高圧洗浄するという荒業でした。マスの方から行うのが本来効率的なのですが、マスの方からだと詰まり個所までは排水管にいろいろ分岐があり到達しないのですよね。水中ポンプで出た水を送水しながら行いました。

f:id:mj-support:20180811090018j:plain

終了報告にサインをもらう際、時間を記入するのですが、IN10時でOUT20時。丁度じゃん!とバカなことが頭の中に浮かんでいましたが、無事完全解決して作業終了です。排水管はところどころ勾配不良どころか逆勾配なので、1か月に一度の定期清掃を管理会社から勧められましたが、それは別の業者さんに手配をお願いしました。

 

あくまでこういうイレギュラーな苦悩葛藤する現場のほうが好きなんですよね(笑)

排水つまりはお気軽にご相談下さい

URL http://haisuikantsumari.com

株式会社MJサポート

対応エリア/東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城西南部(応相談)

TEL:0120‐788‐869