排水つまり解消事例集

MJサポートの作業実績です。事例集。なるべく読んで下さる方が読みやすいように、少し砕いて記載しておりますが、暖かい目で読んでいただけたら幸いです。

新大久保ファミレス排水つまり解消事例

現場に出るのは基本14時くらいからなんですね。朝は受付のみです。というのもだいたい明け方まで皆仕事しているんで・・・そんなわけで14時ころまで事務所にいて仕事も入らずヤフーニュース見ていると、ラインの縦読み告白とかそんな記事があって「切ない」とか「辛辣な返し」とかそんなどーでもいいわっ!!と思っていたところ、管理会社さんから仕事が入りました。

シンク排水つまり

大手ファミレスの排水つまり写真

ただのシンクのつまりなんですけどね、だけど難航した。それもわずかな区間ちょっとした異物があるだけなんですが、排水管に手が届かない。裏側に回れない。厨房機器全部外すのは24時間365日営業なのでほぼほぼ現実的じゃない。

奥の蛇腹ホースが刺さっているところから水があふれる

奥の蛇腹ホースが刺さっているところから水があふれる

奥の蛇腹ホースが刺さっているところから水があふれるのですけどね、手が届かない。仕方ないので厨房側の排水口からワイヤーを入れるのですが

矢印の方向にワイヤーを進ませたい

矢印の方向にワイヤーを進ませたい

厨房の桝側から入れても、近くの別の排水口からいれても矢印の方向に進ませたいのですが、ワイヤーが自然とそっちにいってくれることは、1000回普通にやっても不可能です。

管内カメラを使用

管内カメラを使用

管内カメラとトーラーとキャッチャーを同時使用

管内カメラとトーラーとキャッチャーを同時使用

結果的にどうやって抜いたかというと、管内カメラを入れながらワイヤーを機械で回し、その先端をキャッチャーで押さえて無理くり入れる荒業でした。多分管内カメラを排水管内に入れているのに、ワイヤーを機械で回す「んなぁあほなっ!!」っていう会社はうちくらいだと思います。結構簡単に管内カメラは壊れますし、カメラ自体は高額ですからね。

 

結果的には解決しましたが、1年で2回くらいカメラは壊れます。修理代金はそのたびに十数万円です。だけど厨房の機器外して営業止めてってなるとお店の損失は大きいですからね。

 

こういう特殊な利用時は綺麗事いってもしかたないので、通常のカメラ使用料よりは割高になります。それでも壊れたらうちは超赤字ですけどね(笑)プロってなんなんだろう?って考えますよ。厨房機器全部外すのが100%解決の道ですっていえばそれが絶対ですけど、お店が支払うコストは大変なものになりますしね。

 

排水つまりはどうやって解決するか、どのルートをとっているのか、そこに人が施工した排水管でしっかり計算されている排水管もあれば、素人の方が適当にやったなというような排水管もありますからね。お店の営業を止めるか止めないかなどのご判断もいただき、どのように解決に導いていくのかパズル過ぎて面白いんですよね。

 

だからこの仕事が好きなんですけどね。

 

排水つまりはお気軽にご相談下さい

URL http://haisuikantsumari.com

株式会社MJサポート

対応エリア/東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

0120‐788‐869